単身赴任がきっかけの愛人関係について

単身赴任がきっかけの愛人関係について、まさかの私の愛人ができたお話です。私は昔から全く女性にもモテることなく、結婚してくれた家内には非常に感謝していますし、生まれてきたふたり娘も含めて家族を非常に大事にしてきました。
まさかの私の愛人ができたお話です。私は昔から全く女性にもモテることなく、結婚してくれた家内には非常に感謝していますし、生まれてきたふたり娘も含めて家族を非常に大事にしてきました。
もちろん浮気をしようなどと考えたこともありませんでした。
ところが単身赴任を機会に人生の転機が訪れたわけです。私も職場の女性比率が非常に高く正社員だけでなく、社員を入れると8割が女性になります。もちろん私も配下もほとんどは女性社員です。その中に1人だけ私に対して積極的に声をかけてくれる女性がいました。周囲から見ると私は安全パイで全く女性に興味もないだろうと言うことで全く問題ないと思われていました。特定の女性と会話をするだけでもいろいろ指摘をされるような職場なので、全く問題ないと思われていました。特定の女性と会話をするだけでもいろいろ指摘をされるような職場なので何も指摘がなかったのはまさに私が安全パイだからです。
しかしながら、自分でも驚くことに声をかけてくれる女性に対していつの間にか好意を抱くようになっていました。もちろん、職場ではバレないように2人で食事に行くような関係にもなってしまいました。肉体関係に発展するまでは私が奥手だったこともあり半年間を要しましたが、ここまでいくともうなかなか止まりません。私のキャラクター上は、ここまでいっても誰も気づきませんし、疑う余地もありません。さらに彼女も派遣契約が切れて職場を辞めてしまったために雰囲気を感じる術さえ全くなくなってしまったわけです。
単身赴任の私にとっては彼女の存在は本当に貴重なものでした。もちろん家族が大事なこともわかってくれていて、月に1度は自宅に帰ることも何も口出しをしません。週に1度は彼女と会って食事をして肉体関係を結ぶだけで彼女も満足していたようです。そしてたまの休日に 2人で映画を見に行ったり、ショッピングに出かけることが本当の楽しみでした。私にとって、彼女は実は10歳も年下であり、好きであると同時に、かわいい妹のような存在でもありやはり人生の伴侶として付き合っていくかないとは全く違ったタイプの存在である事は間違いありませんでした。
彼女もそのことに気づいていたのであまり変な気持ちにもならず、あれ以来1年間付き合い続けています。
本当に変にエスカレートのない愛人関係だと思います。

夫婦関係が途絶えてから交際クラブを通じて愛人を・・・

40代も半ばになったばかりの男性ですが、最近では夫婦関係がお留守になってしまいますし、私自身は丁度男盛りでもあり、どうしても女性との関係を持ちたくて仕様が無いのです。 そんな事があって風俗関係にも試してみたが、その内デートクラブというか交際クラブのサイトを覗くようになり、一応は登録会員になりました。

その内、サイト内で紹介された評判の良さそうな女性を選んで、メールなどを登録してみたところ、同県人が意外と大勢いるのに気が付きました。 其のうち、あれこれと掲示板やメールでやりとりしている内に、その中の一人の女性に目が止まりました。 紹介記事やプロフィールを観てみると、少し私より年下の方で初めの内は極めて常識的な会話やコメントをヤリトリしていて、共感する部分もあったので早速ながら自己の紹介記事を送ってみたのです。

何度も他愛のないメールの交換を面白、可笑しくやっていたが、その内、最近の生活や悩み事、それに夫婦生活の関係にまで話が及び、一寸した性的な悩みを相談するように成ったのです。 この辺りでお互いがセフレ的な感覚が芽生えたと言ってもいいでしょう。 尤も、内心はセフレになりたい、結果的には愛人として浮気、不倫をしたいという願望があったことはお互い認める所です。

そして此の時分から彼女と無性に逢ってみたくなり、其のことをメールで伝えたところ、「私は今は元人妻なんですけど、それでも宜しいのかしら」と、さも遠慮がちに言いわけがましいことをいいながら、そして遂に逢うことになったのでした。

そして、約束の其の日の夜がやって来ました。 内心は此れから初めての浮気、不倫を実行するのだという思いは、真に複雑でした。 それでも割りきって、「一回だけだから、まぁいいか」という軽い気持ちでした。

現れた女性は、メールでの言葉とおりの素敵な女性で、思ったとおり想像した通りの人でした。 居酒屋で気持ちをほぐしながらヤンワリとした会話を交しているとき、始めて彼女へ、「此れから貴方との関係を結びたいのですが、大丈夫ですか、承知してくれますか」と問いかけられたのです。 勿論、当初から彼女はその気があったらしく、頷くように静かに、「ハイ・・」と、ハッキリ返事をしたのでした。
そして、遂に、ホテルで久しぶりに女の感触というか、肌の温もりを感じた次第でした。
以来、久しく愛人関係を保っているところです。

愛人を作るためには?

愛人を作るためには、さまざまな方法があると思います。まず、愛人を作ろうとしても、なかなか愛人を作りたいと思っている人に巡り合うのは難しいと思います。そこで、おすすめなのが、愛人を作るための交際クラブです。交際クラブでは、愛人を作ることが可能であり、会員制のクラブとなっていますので、身分証の提出が求められています。このため、身分の確かな人ばかりがそろっているのが特徴です。
男性の方は、会員制となっていますので、入会費用や活動費などがかかりますが、女性の場合は、面接などがありますが、無料で登録することが可能です。このため、もしも、女性の方で愛人を作りたい、と考えているのであれば、手っ取り早く、こちらの交際クラブに申し込むことがおすすめです。
こちらの交際クラブでは、愛人とデートをしたり、また愛人を作ったりすることで、交際費という名目で、報酬がもらえるという形になります。このため、お小遣いがほしい、という方にも最適なのです。
しかし、愛人を作るのにはデメリットもあります。まずは周囲や家族などにばれてしまった場合には、泥沼になってしまうこともありますし、愛人を清算する際にはそれなりに揉めることがあったり、トラブルになってしまうということもあります。このため、デメリットも頭に入れておくことが必要なのです。
しかし、愛人は、割り切った関係を求めている人やお小遣い稼ぎをしたいという方などには、とてもおすすめです。

手軽に愛人を作るにはコレ
愛人契約・愛人募集が行われている3つの掲示板とは?

祖父の愛人の存在について

もう20年も前に亡くなった祖父の愛人のことです。わたしもまだ中学校に通っていたころに知ったことですが、今でも一度しか見たことのない祖父の愛人の姿は目に焼き付いています。
祖父は一人で小さな鉄工所を立ち上げ、さらには農業も頑張り、地元でもかなりの権力者だということ、そしてすばらしい人望を得ていることも子供ながらによくわかりました。農業と鉄工所で鍛えた体で当時60歳前後でもかなりの筋肉質で格好良かったのは間違いありません。
もちろん、そこ祖もお金も持っていたからでしょうか、愛人の存在もありました。後で知ったのですが行きつけのスナックのママで愛人としてお付き合いしていたようです。祖父の近しい方々は知っていましたし、献身的に祖父を支えてきた祖母も知ってたようです。しかし、当時の女性は家庭を壊さないのであれば、甲斐性といういう考え方を本気で持っていたらしく何事もなく構えていました。
そんな状態ですから祖父もあまり気を使うことなく、愛人のところに通っていた模様です。しかし、一度だけわたしがその愛人に会う機会があったのです。
それはある夜の事。私の両親も祖母も不在の時に祖父があまりにも酔っぱらったということで車の運転ができないのでその愛人の女性が運転して送ってきてくれたのです。年齢は40歳前後でしょうか。子供心にも上品できれいな人だなあと思ってしまいました。「おじいちゃんをよろしく」と一言だけ言い残して去っていく様は本当に美しくかっこよくもありました。
祖父がこの愛人の女性に惚れてしまったわけも思春期の私としてはわからないでもないなとちょっと大人になった気分でした。しかし、わたしはこれを境に祖母のような我慢する女性をつくりたくないので浮気などは一切反対派になりました。

愛人をつくる心情

愛人がいるという人は、私のまわりにもたくさんいます。
なぜ愛人をつくるのかといったお話をしたいと思います。

綺麗に答えるとすれば、恋愛をしたいからです。
奥さんという存在がいながら、他の女性と恋愛したいのです。

奥さんには感謝していますし、愛してもいます。
しかし、出会ったころのようなトキメキはありません。
子どもができたことにより、奥さんというよりは、子どものお母さんというイメージになりました。
お母さんに恋愛感情はもてません。

それなら、奥さん以外の女性と恋愛をしたいのです。
それが愛人をつくる理由です。
ただし、愛人に入れ込みすぎるのは、個人的によくないことだと思います。
責任がとれないからです。
恋愛をしていますが、あくまで疑似恋愛だと思います。
本当に恋愛をしてしまっては、奥さんに失礼ですし、愛人にも失礼です。

愛人の女性も、本当の恋愛を望んでいないと思います。
お金がほしいのか、性欲のはけ口なのか、なにが欲しいのかはわかりませんが、割り切っている人がほとんどです。

本当は、愛人さえも愛したいのですが、そういうわけにはいきません。
愛人は、私のトキメキを実現してくれる存在であり、性欲のはけ口でもあります。

それらを奥さんが叶えてくれるのであれば、わざわざ危ない道を通りません。
危ない道と知りながら通ってしまうのは、叶わないなにか不満があるからです。

愛人をつくることが良いこととは思っていません。
それでも愛人をつくってしまうのです。

本当に望むのは、奥さんと恋愛することなのです。

私は本当に好きでした

当時の彼との歳の差は35歳でした。簡単に言えば彼からすると私はアクセサリーのような存在でしたが、私の心の中は純粋に「好き」で溢れてました。
きっかけは、高級クラブで働く友人に頼まれてバイトをしてた時にその方と出会いました。
いかにも成功者という雰囲気が漂う方で、オシャレでダンディというのがピッタリでした。
お店では指名制度はないのですが、いつも隣に来るように言われ慣れない職場で働く私にとっては特に接客しなくてもよかったのでラッキーと思える席でした。
そのうち食事に誘われるようになり、高級なお店に連れて行ってもらったり、ベンツで送り迎えをしてくれるようになったり、本当にいい人だなと思った矢先にホテルに連れていかれました。その日から私はその人にとって都合のいい女になったと思います。
一見、喫茶店でお茶や一緒に食事などをしてデートのようですが、その人は私に相談事や自分の事をほぼ話しませんでした。
会うたびにお財布から札束を取り出し渡してきましたが、そのお金より私はその人と一緒にいれる事が嬉しかったのです。
自由な人だったので日の出もまだな暗いうちに呼びだされる事もありましたが、それでも嬉しかったです。
ある日の事、私の車でホテルに行った時の事ですが、ホテルから出ると私の車がカギか金属のなにかで傷つけたような傷が車の周りあちこちについてたのです。
警察に届けようとするも止められて彼の知り合いの車修理屋さんで修理をしてもらいましたが、後にわかった事ですが、その傷をつけたのは同じ高級クラブで勤める女の仕業だったのです。彼の隣に私、その反対側に座っていた女も彼と付き合っていたのです。
その時、私は本当に都合のいい女で彼にとってはアクセサリーの1つだったんだなと実感した瞬間でした。
別れを告げましたが、考え直せと言われ、その女の影が気になり 私かその女か選ぶようにせまると、その女と別れると言ってくれました。
その言葉を信じるように私は彼との関係を続け、相変わらず会うたびに札束を渡してくる彼でしたが、いい大人なのに本当に純粋な人で嫌いになんかなれませんでした。
彼にはまだ若い奥様がいます。そしてその奥様との間にまだ小さな子供もいます。
奥様に悪いと思いつつも大好きで仕方なかったのです。
2泊3日の旅行に誘われた時、本当に嬉しくて何を着ようか1日中迷いました。
当日、急な仕事があるので仕事場の近くで待ち合わせをする事になったのですが、私は待ち切れずに仕事場の入り口まで行きました。
そして彼と別れたはずの女が一緒に歩いてきます。
その仕事場と言ってた場所は別れたはずの女のマンションだったのです。
何も言わず泣きながら私は家に帰りました。
彼にとっては私はペットか、それ以下だったのかもしれませんが、それでも私は大好きでした。